この事業は、学童期以降の「生きづらさ」につながる「育ちにくさ・育てにくさ」の解消および軽減を目的に、3歳児以下、特に0歳児の発達を丁寧にみる「親子の居場所づくり」を行う事業です。0歳児の心と体の発達に視点が持てるよう、専門職と地域の支援者がさまざまな側面からともに学び、地域にネットワークを形成するため、「親子に寄り添いながら、支援者もいっしょに乳幼児の発達支援を学ぶ居場所づくり」と「子育て支援にかかわる専門職・支援者
向けスキルアップ研修、報告会およびネットワーク会議」を行いました。
その概要は以下の通りです。



アドバイザー

講師(順不同・敬称略)
●● 居場所 ●●
 村口裕美(助産師・保健師・看護師)、引野里絵(作業療法士)、安藤希代子(ピアサポート団体代表)ほか
●● 研修 ●●
町村純子(身体調和支援)、山口育子(楽育セミナー)、玉有朋子(ファシリテーショングラフィック)ほか

主催

一般社団法人チカク

後援

岡山県教育委員会、岡山市、倉敷市、早島町

リンク